クラシックギターを売るにあたって高額下取りにするコツとは?

クラシックギターはきれいに

クラシックギターを買い取ってほしいと思っている人の中で、できることなら少しでも高い下取り価格に、と思っている人は多いでしょう。高額査定を実現するためにはいくつかコツがあって、中にはみなさんでも簡単に実践できる方法もいくつかあります。その中でもぜひとも査定に出すためにやっておいてほしいのが、楽器をきれいにすることです。クラシックギターにホコリなどが付着していてくすんでいると、どうしても見た目の印象が悪くなります。皆さんが中古の楽器を購入するにあたって、薄汚れたクラシックギターをあえて購入しようと思う人は少ないでしょう。そこでクラシックギターを乾いた布などを使って磨いておきましょう。

クラシックギターに傷がある…買取は可能なの?

そうすれば、少しでも見た目の印象がアップして、買取価格もアップするかもしれません。ただししつこくこびりついた汚れはそのままにしておきましょう。ムキになってごしごし磨いた結果、クラシックギターに傷をつけてしまうことも十分考えられます。そうなれば、逆に下取り価格はダウンしてしまいます。

付属品は残しておく

クラシックギターを購入した時に、付属品がいろいろとついてくる可能性があります。種類によって多少の変動はあるかもしれませんが、一般的なクラシックギターを購入した場合、ハードケースや梱包箱、取扱説明書などが少なくてもついてくるはずです。これらの付属品ですが、買取サービスを利用するときにはしっかりと残しておくことも高額下取りのためのコツです。このような付属品がフルセットで残っていると、そのギターの素性がはっきりします。中古ギターを買い求めている人から見れば、安心して購入できるわけです。もし査定士が皆さんのクラシックギターのチェックを始めたら、付属品の残っていることをきちんと伝えることが大事です。特に古いクラシックギターの場合、付属品のあるなしが査定金額に大きく影響することもあります。というのも古いギターになると、付属品の製造がすでに終わっているケースも多いからです。もし残っていれば希少価値が出てきますし、逆に残っていないと欠品扱いになってかなりのマイナス査定になりかねません。

ネットサービスの場合には梱包にも注意

インターネットで買取サービスを展開している業者もあり、この場合段ボールの中にクラシックギターを入れて先方に送付し、査定をお願いする形になります。

店舗とネット・クラシックギターの高額買取してくれるところは?

この場合、段ボールへの梱包の仕方にも注意を払う必要があります。というのもいい加減な梱包をしていると宅配サービスのトラックの中で移動しているときにギターが動く恐れがあります。

中古クラシックギターの買取相場を調べることが大事

その結果、ギターに傷がついてしまってマイナス査定にされる恐れもあるわけです。ですから運送中にクラシックギターがなるべく動かないような梱包を心がけることが大事です。できるだけ隙間なくクラシックギターを段ボールの中に梱包する、もし隙間ができるようであれば緩衝材、なければ古新聞を詰め込んでスペースをなくすような梱包がポイントになります。