クラシックギターに傷がある…買取は可能なの?

そのままの状態で買取に出す

クラシックギターが不要になって買取に出したいけれども、ギターに傷がついているので買取に対応してもらえないのではないか、このような不安を抱える人もいるでしょう。結論から言いますが、すべての傷のついたクラシックギターの買取を拒否されるわけではないです。基本的に傷がついていても、ギターの演奏そのものに影響がなければ、買取金額は安くなるかもしれませんが、引き取ってもらえる可能性は十分あります。もし傷のついているギターの買取を希望する場合には、そのままの状態で査定を受けることです。
傷を何とかしたいと思って、自分でケアをする人もいるようですが、素人が見様見真似でやみくもに処置をしても悪化することはあっても好転することはまずありません。傷のところを磨いて、余計な傷を作って、かえってさらにマイナス査定にしてしまうこともあります。中にはクラシックギターを修理に出して、その上で買取依頼しようと思っている人もいるでしょう。確かにプロに傷の修理をお願いすれば、きれいになってマイナス査定は払しょくできます。

中古クラシックギターの買取相場を調べることが大事

クラシックギターを売るにあたって高額下取りにするコツとは?

しかし修理に出せば、修理費を自分で負担しなければなりません。傷を直して査定がプラスになった分と修理費を比較した場合、後者の方が明らかに大きいです。つまり何もしないで査定に出した方が結局お得になります。

ヴィンテージ専門ショップで買取依頼を

クラシックギターの中には昔のヴィンテージギターを処分したいと思っている人もいるでしょう。このようなヴィンテージギターで傷が多少ついているものを売却するのであれば、ヴィンテージギターを専門に取り扱っている買取業者なりショップに売却するのがおすすめです。その方が高値で引き取ってくれる可能性が高いです。一般的なクラシックギター買取業者の場合、ヴィンテージギターのような知る人ぞ知るといったマニアックな商品に関する査定の経験はあまり豊富ではないです。このため、ヴィンテージギターの持つ真の価値に関してあまり評価してくれない傾向があります。むしろ「目立つ傷がある」といったところがマイナスに評価されてしまって、不当に安い買取価格しかつかないというケースも多いです。

クラシックギターの高額買取には一括査定がおすすめ

ヴィンテージ専門店の場合、ヴィンテージの持つ本当の価値に関しても深い理解があります。しかもヴィンテージグッズを求めているお客さんのルートを持っているので、傷があっても妥当な価格で買取してくれる場合が多いです。ヴィンテージ専門店の中には、外国の販売チャンネルを持っているところもあります。

ズバット一括査定でクラシックギターを高額買取

そうすれば、中古のヴィンテージギターの販売の選択肢もたくさんあるため、より高額査定してくれる可能性もあります。さらに修理業務も行っているショップも多いですから、多少の傷やパーツの劣化であれば、査定金額が大きくマイナスになることも少ないので利用してみる価値はあるでしょう。