中古クラシックギターの買取相場を調べることが大事

クラシックギターは買取してもらえる

クラシックギターを持っているけれども、今では使わなくなって、部屋の中で邪魔になっている人もいるでしょう。クラシックギターを処分したい、でも思い入れのあるものだし、まだ使えるものをゴミとして処分するのはもったいないと思っている人もいるでしょう。その場合には、買取業者に依頼して中古クラシックギターとして引き取ってもらうのはいかがでしょうか?インターネットなどで調べてみると、クラシックギターを買取してくれる業者がいろいろとあります。こちらに買取依頼をすれば、いくばくかのお金を稼げるかもしれません。中古クラシックギターの需要は意外と高いです。クラシックギターをお持ちの方ならお分かりかもしれませんが、単旋律主体ではなく伴奏もできる楽器です。このため、一人でもいろいろな楽曲を引いて楽しむことが可能です。しかも持ち運びも比較的簡単で、手軽にギターをプレイできるような取扱いの良さも人気です。また新品のクラシックギターを購入するとなると、どうしても値が張るというイメージがあって、興味があっても躊躇してしまう人も多いです。

店舗とネット・クラシックギターの高額買取してくれるところは?

しかし中古であれば、リーズナブルな値段で販売されているものも多く、クラシックギターを始めたいと思っている人でも気軽に入れます。

クラシックギターの買取相場を理解する

クラシックギターを買取業者に売却するにあたって、相手が値段を提示した場合、それが妥当な価格かどうか判断するのは難しいです。ギター業界で仕事をしている人間でないと、相手の提示した価格が正しいかどうかわかりません。もしいきなりギターの買取業者にクラシックギターを査定に出した場合、不当に安い価格で買いたたかれる可能性もあります。しかし安い値段でもその事実に気づかず、そのまま売却してしまう恐れもあります。クラシックギターを売却するにあたって、少しでも高い値段で売りたいと思うのが本音でしょう。そのためには、自分のクラシックギターの買取相場を把握することが大事です。買取相場を理解するといってもどうやって情報を集めればいいのかわからないという人もいるでしょう。しかし最近では素人でも簡単に情報収集できます。インターネットを駆使すれば、クラシックギターの買取相場を簡単にチェックできるのです。

ズバット一括査定でクラシックギターを高額買取

クラシックギターに傷がある…買取は可能なの?

中には主要メーカー別に、有名機種の買取価格の相場が提示されている場合もあります。
たとえばギブソンブランドの場合、J-45は10万円、Southern Jumbo11万円、Arlo Guthrie LG2 3/4は9万円といった感じです。ギブソンの中でも人気で高額買取の可能性が十分期待できるのは、SJ-200 WESTERN CLASSICです。23万円程度の価格が相場になっているほどです。マーティンで見てみると、LXM w/bag1万8000円・D-15万円といったところが相場です。しかしマーティンは全般的に見て、買取価格の相場は高い傾向が見受けられます。OM-42で24万円程度の査定額の出る可能性はありますし、D-18AuthenticやD-28Marquis Madagascarは33万円程度が買取価格の相場です。さらに000-42ECになると45万円くらいの買取価格のつくこともざらにあるほどです。

クラシックギターの高額買取には一括査定がおすすめ

マーティンのクラシックギターを持っている人で、そろそろ処分したいと思っているのであれば、高額愛鳥も決して夢ではないと思って、買取業者と多少強気の交渉をしても問題はないでしょう。コリングスについても、高額買取の可能性の高いメーカーと言って良いでしょう。たとえばD1とかOM1といった種類であれば、18万円程度の根の付く可能性は十分考えられます。またC10で20万円・SJになると23万円程度の買取価格のつく可能性も十分期待できます。

複数の買取業者に見積もりを出してもらおう

クラシックギターの買取価格の出し方ですが、何も業界で統一ルールがあるわけではないです。つまり買取業者がそれぞれ自分たちで決めた独自の基準にのっとって、買取価格を決めているわけです。ですから同じクラシックギターを見せても、買取業者によって価格は多少違ってくる可能性はあります。そこでもし少しでも高く自分のクラシックギターを買取してほしいと思うのであれば、複数の買取業者で査定をとることがおすすめです。そしてそれぞれの提示した査定金額を比較して、一番高く評価してくれた業者に引き取ってもらうこともできます。

クラシックギターを売るにあたって高額下取りにするコツとは?

またこのように複数の業者で相見積もりをとることで、大体の自分のクラシックギターの買取相場も何となく見えてくるはずです。相場よりも極端に安い査定金額で買いたたきに来た業者を外すことができます。また相場より中には極端に外れて高い価格を提示する業者もあるかもしれません。そこに売れば得をすると思うかもしれませんが、相場よりもかなり外れた高額価格である場合には注意した方が良いです。高額を提示してお客さんを引き付けて、いざ買取交渉する段階でいろいろな名目で査定金額を減らして、安く買い取ろうとする業者もあるからです。相場を意識した上で、どこで買い取りをしてもらうのかが妥当かを検討することです。